戻る
 
Denoxtronic Denoxtronic ディーゼル パティキュレート フィルター用センサー ディーゼル パティキュレート フィルター用センサー
 

ボッシュの尿素水溶液噴射装置「Denoxtronic」 は、選択還元触媒(SCR)式システムの中心コンポーネントで、排出ガス内の窒素酸化物(NOx)を低減します。 欧州では、すでに 2004 年から大型商用車に搭載され、大きな成果を上げてきました。 ボッシュは、乗用車向けの Denoxtronic の開発をさらに進めており、乗用車でも二酸化窒素の排出量を 90 % 以上低減することが可能となりました。

Denoxtronic は、SCR 触媒コンバーターで化学反応を起こすために必要な還元剤として適切な量の AdBlue/DEF を排気ガスと混合します。 AdBlue/DEF は非毒性の尿素水溶液です。 この還元剤により、窒素酸化物は SCR 触媒コンバーターで窒素と水に還元されます。

ボッシュの Denoxtronic では、ガスの計量はエンジンの重要なパラメーターとすべての作動ポイントにおける排気ガスシステムに適合しています。 この技術により、乗用車は、米国で適用されているような世界で最も厳しい排出規制にさえ対応できるのです。

 
 
 
  • NOx 排出量を 90 % 以上も削減
  • さらに経済的なエンジン設計の可能性
 
 
 

今日のディーゼルエンジンは、1990 年当時のディーゼルエンジンに比べて、燃料燃焼時の微粒子の生成を約 90 % 低減しています。 残留するほとんどすべての微粒子は、パティキュレート フィルター システムによって、排出ガスから除去されます。 フィルターの動作は、ボッシュのビークルマネジメントとセンサーにより最適化されます。 パティキュレートフィルターの上流側および下流側の排出ガス圧力を記録する差圧センサーにより、エンジン マネジメント システムは、フィルターの負荷状況を監視します。 この情報により、要件に適合したフィルターの再生間隔を設けることができます。 これは、定期的な再生と比較すると、燃料の節減につながります。 フィルターの再生を開始するために、エンジン マネジメント システムは、後続の燃料補助噴射によって排出ガスの温度を上昇させます。 排出ガスの温度が大きく上昇することで、微粒子が燃やされて除去されます。

 
 
 
  • 実質的に微粒子排出ゼロ
  • 燃料を節減する再生マネジメント