ビークル ダイナミクス マネジメント

ビークル ダイナミクス マネジメント
  • 機能

    ボッシュのビークル ダイナミクス マネジメント(VDM)は、エレクトロニック スタビリティ プログラム(ESP®)がステアリング領域、ドライブトレイン領域、シャシー領域において他のアクティブ車両ダイナミクスシステムとネットワーク化されており、特に危機的状況で車両のハンドリングを支援し、より良いサポートをドライバーに提供します。 このネットワーク化に基づいて、車両の安定性を高めてドライビングセーフティと車両ダイナミクスを向上するソフトウェア機能をボッシュは実現しました。 各機能をソフトウェアモジュールに実装することで、自動車メーカーは、自社の車両、さらに特定の車両モデルの差別化を図ることができます。

    VDM ソフトウェアは、ESP® コントロールユニットまたはドメイン コントロール ユニットのいずれかに統合できます。 車両の補助システムはすべてセンサー信号および速度、横滑り角度、車体の動きなどの車両の運転状態に関する中央演算された情報を活用します。 これにより、一貫性のあるシステム挙動と高い経済効率での機能が実現します。

     
  • お客様にとってのメリット
    • 既存のシステムコンポーネントのネットワーク化により安全性が向上
    • すべての運転状況下で安定性が向上
    • コーナリング時の優れたダイナミックレスポンスによりスポーティなドライビングを実現
    • 制動距離がより短くなり、事故の危険性が低下
    • センサーとエンジニアリングの相乗効果により経済的に効果的なソリューション
    • ブランドおよびモデルに特化したドライビング特性の設計