ガソリン直接噴射

ガソリン直接噴射
  • 機能

    ガソリン直接噴射では、混合気は燃焼室で直接形成されます。 吸気ストローク中は、燃焼用空気だけが吸気バルブから取り込まれ、燃料はインジェクターにより、高圧で燃焼室に噴射されます。 すべての燃焼ストロークで吸気および噴射燃料が正確に計量、混合、分配されるため、燃料消費量や排出ガスレベルが低くなります。

    機能

    ガソリン直接噴射の燃料経路には、フューエルレールで必要な圧力レベルまで燃料を圧縮する高圧ポンプによって燃料が供給されます。 フューエルレールに取り付けられたインジェクターは、非常に高速かつ高圧で燃料を計量、噴射して、最適な比率の混合気を燃焼室で直接形成できるようにします。

     
  • お客様にとってのメリット
    • 燃料消費が最大 15 % 減少
    • トルクが最大 5 % 向上
    • 自然な応答挙動