ガソリンポート噴射

ガソリンポート噴射
  • 機能

    ガソリンポート噴射システムでは、混合気はインテークマニホールドのエンジンシリンダーの外側で形成されます。 インジェクターは吸気バルブに向かって燃料を噴射します。 吸気ストローク中、下方向に移動するピストンは空気と燃料の混合気を、吸気バルブから燃焼室へと吸い込みます。

    インジェクターは、負荷やエンジン回転数に応じて、常にエンジンの燃料要求に対応するように設計されています。

     
  • お客様にとってのメリット
    • エンジン出力の向上
    • 燃料節約の最大化
    • 環境負荷の減少