カーエレクトロニクス技術展


会場:東京ビックサイト
会期:2018年1月17日(水)~19日(金)

ブースNo. 東ホール E53-48

カーエレクトロニクス技術展 2018

モビリティのネットワーク化

ボッシュ・ブースでは、クルマの運転をより快適なものにする、自動車関連アプリケーション用のMEMSセンサーをご紹介いたします。ボッシュの超小型MEMS (Microelectromechanical systems) センサーは自動車、スマートフォン、ゲーム機、タブレット端末やその他の数多くのデバイスで使われています。MEMSセンサーのおかげで、家電製品や自動車に搭載されている多くのアプリケーションは機能しています。センサー自体は小さいものですが、数百万もの電子機器の目や耳となって、人命救助やエネルギー消費の削減に貢献しています。

また緊急通報サービス用の後付け可能なデバイスを展示します。このデバイスはシガーライターソケットに直接取り付けることができ、重大事故の際に自動で通報してくれます。加速度センサーが衝突を検知すると緊急通報が作動し、スマートフォンアプリが車両の現在位置などの詳細な情報をセンターに送ります。衝突の衝撃レベルも分析され、必要と判断された場合は迅速に救急車が手配されます。通報は手動でも起動することが可能です。ボッシュ・ブースでは、こうした一連の動作を、実際の製品を用いたデモンストレーションでご体感いただけます。

さらにAI技術と自動車向けの製品開発で培ったセンサー技術を応用した、革新的なスマート農業ソリューション「Plantect (プランテクト) 」も展示いたしますので、ぜひボッシュ・ブースに足をお運びください。

カーエレクトロニクス技術展 オフィシャルサイト >

製品情報