driverassistance_stage_pc1800x464

都会のジャングルを安全にナビゲート:
ボッシュは都市にドライバー アシスタンス システムを投入

ダウンロードセンター

ボッシュのドライバー アシスタンス システムに関する追加情報

ドライバー向け情報パッケージ

ドライバー アシスタンス システム

ジャーナリスト向け情報パッケージ

Press Information ドライバー アシスタンス システム

メーカー向け情報パッケージ

ドライバー アシスタンス システム

高速道路や幹線道路を走行する多くの乗用車にすでにアシスタンスソリューションが提供されている現在、ボッシュは都市交通の大きな課題を解決するためのシステムも開発し、成功を収めています。都市交通は非常に複雑な環境で、新しい危険が潜んでいます。ボッシュのテクノロジーが特に自転車走行者と歩行者も対象としていることは言うまでもありません。自転車走行者と歩行者の予期せぬ動きは、しばしば交通事故の極めて大きな危険にさらされます。レーダーやカメラを装備したスマートなシステムは、複雑な状況下でも他の道路利用者を検知することができ、適切なタイミングでドライバーに警告を行い、緊急時には車両制御に自動介入します。これにより都市交通での事故が回避されるか、事故の被害が大幅に軽減されます。

最大

43%

車両と自転車走行者の事故の43%は、すべての車両が自転車走行者用の自動緊急ブレーキを装備していれば防ぐことが可能(ボッシュ事故調査)。

最高速度

60 km/h

60 km/h以下で走行中、対歩行者・対自転車走行者の自動緊急ブレーキを作動できます。


安全性が向上

車両のドアを開けるとき、接近する道路利用者を音と光で警告する降車時後方警告により安全性が向上します。

交通弱者の保護
ドライバー アシスタンス システムは常に周りを監視

crossing

予測できない対象の計算:
自転車走行者に対する自動緊急ブレーキ

自転車走行者はかなり素早いペースで移動することが多く、その挙動は往々にして予測しがたく、薄いシルエットは密集した都市交通の中で判別しにくいものです。サラウンドセンサーは、周囲の自転車走行者を検知し、速度、距離、進行方向を解析することで事故のリスクを算出し、危険な状況を和らげます。衝突が差し迫っている場合、システムは事故を回避するために、または少なくとも事故の被害を軽減するために自動的に車両を停止させます。このシステムにより、自転車走行者と車両が関係した交通事故のほぼ半分を防止または少なくとも被害を軽減できたと推定されます。

近づいてくる自転車走行者、ドアを閉めたままにしておくことがベスト

駐車中の車両に近づいてくる自転車走行

降車時後方警告は、背後から近づいてくる道路利用者を光と音で警告します。

車両から降りるとき、死角にいる自転車走行者は、ドライバーと乗員にとって日常的な危険です。注意すべきは、ドアを開けたときにスピードを出して接近してくる自転車走行者です。ボッシュの降車時後方警告はこの危険を軽減します。

車両の後方に取り付けられた中距離レーダーセンサーにより、システムは車両、自転車走行者、スクーター、モーターサイクルなどの道路利用者の接近を正確に、リアルタイムで特定します。視覚的および聴覚的信号が、ドライバーと乗員にドアを開けないよう警告します。このようにして、降車時後方警告は事故の危険を取り除き、自転車走行者への被害を回避し、車両への損害を防ぎます。

歩行者保護ブレーキシステム、
緊急停止機能を内蔵

道路を横切る歩行者

システムは歩行者を検知し、危険が迫っている場合は自動緊急ブレーキを作動させます。

歩行者は最も弱い道路利用者であり、見落とされることも多く特に危険です。ビデオとレーダーセンサーを使用した歩行者保護ブレーキシステムは、突然車両の前に飛び出し、衝突する危険のある歩行者を検知します。ドライバーが警告に反応しない場合、60 km/h以下の速度であればシステムが自動緊急停止を作動させます。この緊急停止は設定により、あらかじめドライバーへの警告を行わずに作動させることができます。その結果、歩行者保護ブレーキシステムは交通弱者を保護するのに役立ち、衝突の回避や少なくとも衝突被害の軽減に貢献します。

信頼性の高い保護のための革新技術

自転車走行者に対する自動緊急ブレーキ、歩行者保護機能、降車時後方警告などのアシスタンスシステムは、各コンポーネント間の通信と最適な相互作用によって可能となります。

したがって、ボッシュはサラウンドセンサーやブレーキ、ステアリングなどの重要なコンポーネントを絶えず開発し続け、アシスタンスシステムや様々なアプリケーションのための重要な技術をワンストップサプライヤーとして提供しています。

センサーとブレーキシステム

レーダーセンサー

レーダーセンサーは250メートルまで離れた距離にある物体を検知します。物体の位置だけでなく、車との速度も測定することができます。そのため、レーダーはアシスタントシステムにとって非常に重要な、車の周囲の交通状況に関する情報を提供します。

ビデオセンサー

ビデオセンサーは車線、道路標識、他の車両や自転車走行者、歩行者などの物体を検知します。ステレオ ビデオ カメラは、50メートルまでの範囲で三次元計測を行います。ボッシュの最新世代のカメラでは、革新的なイメージデータ処理技術と人工知能を組み合わせています。これによりたとえば、より正確な緊急ブレーキを作動させる、歩行者の挙動予測の精度が向上します。

超音波センサー

超音波センサーは障害物との距離を正確に測定します。センサーが短い超音波パルスを伝送すると、該当する障害物によって反射されます。システムは駐車時や低速での操舵時に、非常に近くに障害物があることを検知すると緊急ブレーキを作動させ支援します。

iBooster

iBooster(電動ブレーキブースター)は車両を減速するためのブレーキ圧を速やかに自動で(ブレーキペダルを踏まないで)形成し、電子制御により極めて正確に圧力を配分することができます。

これは特に、自動緊急ブレーキシステムの用途に適しています。

iBoosterについて詳しく見る

その他のボッシュ・グループのハイライト

urban_mobility

都市交通の再考

都市化は基本的に変化するモビリティであり、新しい課題を生み出します。

connected_car

2025年のコネクテッドカー

安全性、効率、自由時間の増加:2025年のコネクテッドカーはこれらすべてとさらに多くのことを実現できるでしょう。

bosch_connected_mobility_connected_cars_teaser_1

自動バレーパーキング

自動バレーパーキングにより、車両は自動で駐車場内の駐車スペースへと向かいます。

bosch_connected_mobility_hochautomatisiertes_fahren

高度自動運転

高度自動運転は、より高い安全性、効率、交通緩和を達成するために重要です。

Please contact us

Contact icon

Contact form

Bosch Mobility Solutions

Are you interested in our solutions? Please don't hesitate to contact us! We will be glad to help you.

Start enquiry