駐車場へ直行
アクティブ パーキングロット マネジメント
で実現

ボッシュは、自動車の枠を越えた統合ソリューションにモビリティを
リンクさせます。そうしたソリューションの代表となるアクティブ
パーキングロットマネジメント は、インフラとのスマートな
ネットワークを通じて、ドライバーを利用可能な駐車
スペースへと直接誘導することができます。

ボッシュが駐車をシンプルなものに
ドライバー、駐車場の管理者、そして自動車メーカーのために

特に都市の中心部では、狭く、また混雑した道路が運転をより複雑なものにしています。多くの場合、これは日々の駐車スペース探しにも影響を及ぼし、時間とコストがかかるだけでなく、結果的に神経もすり減らすことになっています。そこで、ボッシュはコネクテッドパーキングを通じて、駐車スペース探しから駐車に至るまで、街路や駐車場内はもちろん、市街地や郊外でも簡単な駐車を実現するソリューションを開発しています。ここで特に重点が置かれているのは、モビリティを全体的によりスマートに、よりクリーンに、より快適に、そしてより安価にすることです。

ボッシュの最初の製品としてすでに提供が始まっているアクティブ パーキングロット マネジメントは、利用可能な駐車スペースを極めて簡単に探すことができるネットワークソリューションです。このサービスは、利用可能な駐車スペースまで迂回することなく車両を誘導でき、ドライバーや駐車場の管理者、さらに自動車メーカーにもメリットをもたらします。また、交通量の減少により他の道路利用者と地域の住民にとっても、生活の質が向上します。

– 30 %

駐車スペースを探す車が減ることにより交通量が30%減少

– CO2

駐車スペース探しの負担軽減によりCO2排出量を削減

市街地では路上を走行する車両の約3分の1は、駐車スペースを探す車両によるものとされています。ドライバーは駐車する場所を探すために、平均4.5kmを走り回っています。しかし、ボッシュのアクティブ パーキングロット マネジメントがあれば、この不必要な走行を大幅に減らすことができます。

アクティブ パーキングロット マネジメント システムは、駐車スペースを探す時間を短縮することで、環境の保護にも寄与しています。駐車スペースを見つけるための走行が与える環境への負荷を軽減しながら、車両は目的地に直接たどり着くことができます。

ボッシュのアクティブ パーキングロット マネジメント
快適で包括的なサービス

アクティブ パーキングロット マネジメント システムのおかげで、ドライバーは駐車スペースを探すストレスから解放されます。ドライバーは今後、スマートフォンのアプリなどから最寄りの空いている駐車スペースを探すことができるからです。その結果はディスプレイに表示され、さらに料金、駐車スペースのサイズ、ファミリータイプの駐車スペースや電気自動車充電ステーションといった特別な要件で絞り込むこともできます。クリックするだけで簡単に選択でき、利用者は新たに設定された目的地へと誘導されます。

これにより、駐車スペースを探す時間と環境に負荷を与える交通量が減り、代わりに車両が「駐車スペースをお探しですか?それでは、こちらへどうぞ」と言うだけになります。また、ユーザーの好みに応じてキャッシュレス決済や会員登録機能といった追加のサービスを組み込み、駐車の手順をさらに簡単にすることも可能です。

センサーからスマートフォンへ
アクティブ パーキングロット マネジメントの仕組み

ボッシュは、駐車スペースの中央に駐車場センサーを設置しています。これらのセンサーは、現在の空き状況を確実に検知し、それを近くに設置されたゲートウェイを通じてデータセンター(クラウド)に報告します。送られたすべてのデータは、データセンターで収集・分析され、同時に駐車スペースのサイズや料金、さらに障害者用駐車スペースといった特殊な状況などが集約されたメタ情報と照合されます。こうしたすべての情報をもとに、データセンターは駐車場マップをリアルタイムで生成します。ドライバーは自分のスマートフォンのアプリを通じて情報を受け取ることで、最寄りの利用可能な駐車スペースの一覧や、距離や料金などあらゆる詳細な情報をいつでも利用できるようになります。

駐車場の管理者は、自分の駐車場の空き状況をウェブポータルで確認することができます。ポータルでいつでも統計的な解析情報にアクセスし、どこに交通渋滞があるのか、新しい利用者をどこに誘導できるのかを正確に把握できるため、駐車場の管理者はこのデータ解析をもとに、駐車スペースを有効に使うための計画と管理の最適化を実現できます。また、データ解析は予約や決済機能といった追加のサービスの前提条件になっています。

24 時間対応

簡単かつスピーディに設置可能

100 %

駐車スペースの空き状況

駐車場センターとゲートウェイの設置は短時間で行います。ボッシュはわずか1日で駐車場全体にコンポーネントを配置し、アクティブ パーキングロット マネジメントのサービスを稼働させることができます。

アクティブ パーキングロット マネジメント システムは、現在の空き状況を記録することで駐車スペースの利用度を引き上げます。駐車スペースを探して長く走り回るのは、もはや昔の話となりました。

ボッシュは、駐車場だけでなく、街路にも駐車場センサーとゲートウェイを設置します。これらのコンポーネントは、設置された後はメンテナンスが不要です。特にセンサーの電力消費量は非常に少なく、最大7年間使用できます。駐車場の管理者は現在のバッテリーの状態をいつでもディスプレイで見ることができます。それぞれの駐車場センサーでは、ボッシュの2つの異なるセンサー技術によって冗長性が確保され、極めて信頼性の高い空き状況の検知が可能になります。ゲートウェイは1km四方のメッセージを受信し、送信は無線で行われ、暗号化されます。

こうして送信データの安全性が保証されています。この基準は、データセンター(クラウド)におけるその後の情報処理と、お客様のさまざまなシステム(データベース、アプリ、ウェブポータル)のためのデータの準備にも適用されています。ボッシュはソフトウェアのアップデートを無線のインターフェース経由で実施するため、駐車場の管理者が追加の費用を求められることはありません。代わりに、駐車場管理者はアクティブ パーキングロット マネジメント システムによる包括的なサービスを利用することができるのです。これは、駐車場の管理者とドライバーそれぞれの要求を満たすサービスです。