革新的な電動化を推進し、
必要なエネルギーを抑制

ボッシュは、コストパフォーマンスの優れた画期的な
ソリューションを通じてeモビリティを推進しています。
たとえば電動パワートレインシステムについては、
その性能と効率性の向上を図り続けています。
また、電気自動車の航続距離をさらに延ばすために、
快適性に関するニーズをすべて満たす高効率な空調
を可能にするソリューションなど、車両全体のエネルギー
管理の最適化を進めています。

最大

25 %

インテリジェントサーマルマネジメントによって電気自動車の航続距離を25%向上

車両全体の
クライメートコンフォート

ボッシュのインテリジェントサーマルマネジメント技術は、冷気や熱を電気自動車の必要な場所にコンスタントに届けることができます。

ボッシュのインテリジェントサーマルマネジメント
によって電気自動車の航続距離の向上

電気自動車のインテリジェントサーマルマネジメント:車両で発生・回収した熱や冷気を緻密に制御することにより、航続距離を最大25%延ばすことが可能

公的資金によるプロジェクト「GaTE」(電気自動車における統合サーマルマネジメント)において、ボッシュやマーレをはじめとした企業が最適化したサーマルマネジメントのベースを開発しました。

ボッシュは包括的なサーマルマネジメントを導入することで、都市部の冬季の気象条件下においても快適さを損ねることなく、電気自動車の航続距離を最大25%延ばすことに成功しました。これは、ヒートポンプと画期的なクーラントポンプ/バルブを組み合わせた設計により、熱と冷気を発生した場所で回収し、それを必要とする場所に運ぶ事で可能になりました。

電気モーターやパワーエレクトロニクスなどの熱源からの熱エネルギーの回収、空気循環の制御や除湿機能を通じて、熱や冷気の需要を最大60%削減することができるため、冬季は車両を効率的に暖め、夏季は冷房コストを抑えられるようになります。また、バッテリー効率の最適化も進み、1回の充電で走行できる距離も長くなります。